静かな前半から一転、後半一気に試合が動き出した。20分過ぎからは激しい攻防の繰り返し。それでも磐田は豊富な運動量が代名詞の湘南に最後まで走り負けなかった。惜しくも得点できなかったが、2試合連続の無失...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)