過去最多の1万4236人がエントリーした24日の「熊本地震復興支援チャリティ・とくしまマラソン」に向け、実行委が安全対策に力を入れている。ランナーが密集しないで広い道を走れるようにコースを一部変え、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)