熊本、大分両県で大きな被害を出している熊本地震を受け、サッカーJ2の松本山雅FCの選手らが十九日、被災地支援の街頭募金活動をJR松本駅前で実施した。最大震度7を観測した熊本県益城町出身の鉄戸裕史選手...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)