大野が自慢の強肩で窮地を救い、勝利を引き寄せた。息詰まる投手戦。1―0の終盤八回にビッグプレーが飛び出した。  一死三塁と同点のピンチ。三塁走者は俊足の代走・田代。外野フライ、当たりによっては内...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)