最大震度7を記録した14日の地震により熊本市内で脱線した、九州新幹線の車両を撤去する作業が始まった。JR各社は技術者の派遣などで支援するが、防音壁や高架橋など施設に損傷が多数見つかり、全線再開の見通し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)