ラグビー・トップリーグのヤマハ発動機が18日、本格的に始動。就任6年目の清宮克幸監督が今季初めて磐田市の大久保グラウンドで練習を指揮した。  若手中心に約2時間、グラウンドを広く使って実戦さながらで...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)