日本陸連は18日、リオデジャネイロ五輪の競歩男子代表として、50キロは昨年の世界選手権4位の荒井広宙(自衛隊)、20キロは2012年ロンドン五輪代表の藤沢勇(ALSOK)を新たに選び、発表。6人の代表...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)