来日中のパナマのバレラ大統領は18日、タックスヘイブン(租税回避地)に関する「パナマ文書」問題に絡み、経済協力開発機構(OECD)が主導する課税逃れ対策の国際的な枠組みに参加することで「数カ月中にOE...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)