熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震の被災地は18日、週明けの役場業務や企業活動が再開した。庁舎が損壊した熊本県の宇土市、八代市、益城町では業務が一部停止し、役場機能がまひした。宇土市役所は倒壊寸前で、立...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)