負ければ8季ぶりの地区1位の可能性が消える試合で、仙台が福島の終盤の猛攻を何とか振り切った。  10点リードで迎えた第4クオーター、11連続失点などで点差を詰められ、残り47秒で77-75。司令塔の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)