10人前後の安否が分かっていない熊本県南阿蘇村では17日、約2千人が動員され、必死の捜索活動が続いた。「生存の可能性は十分にある」。自衛官らはぬかるみの中、泥だらけになりながら、手掛かりを捜し求めた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)