2季ぶりに単独首位に立った広島は、打線の選球と粘りが目を引く。1試合平均四死球(4・4)とチーム出塁率(3割6分1厘)はともにリーグトップ。石井打撃コーチは「技術はすぐには上がらない。打つべき球を見...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)