通算35勝の野村が今更ながら、打撃の重要性を再確認している。「打てば自分を楽にするし、必ず上位打線にも回るわけですから」。昨季は無安打に終わったが、今季は12日の中日戦(呉)で2安打を放つなど、打撃...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)