東北楽天の美馬学は4-3の七回に追い付かれ、勝利投手の権利を手放した。「うーん、もったいなかった」と悔やんだ。  先頭田村龍弘に右中間二塁打を浴びたのが「痛かった」。2死一、二塁にされた後、清田育宏...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)