2019年の茨城国体を控え、県アーチェリー協会が選手の育成、強化で苦境に立たされている。県営東町運動公園(水戸市緑町2丁目)のアーチェリー場が昨年8月末で閉鎖され、県内でただ一つだった射場がなくなっ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)