13日午前、青森市の青森駅に近いJR奥羽・津軽線の線路脇で見つかった砲弾のような不審物は、1955年に製造された自衛隊の演習用ロケット弾の可能性があることが、陸上自衛隊第9師団青森駐屯地への同日の取...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)