日本水連は11日、競泳のリオデジャネイロ五輪代表34人(男女各17)を発表。エースとして男子400メートル個人メドレーなどで金メダル獲得が期待される萩野公介選手(東洋大)らが強い決意を語った。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)