春の風物詩「観桜乗馬」が12日、那須塩原市接骨木(にわとこ)の地方競馬教養センターで行われ、満開の桜並木の下を人馬が悠然と行進した。  ルートは同センターを出発し、那須野が原公園の外周から県畜産酪...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)