東北楽天は九回に茂木の犠飛で1点を挙げるにとどまった。相手先発の二木康太に八回まで散発6安打無得点と突破口を開けず、梨田昌孝監督は「立ち上がりに走者を得点圏に出せば流れが変わったかもしれない」と悔や...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)