七回の守備から出場したオコエ瑠偉が八回2死二塁の好機で6試合ぶりに打席に入った。観客から大声援を受ける中、空振り三振に倒れ、待望のプロ初安打はまたもお預けとなった。  1ボール2ストライクと追い込ま...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)