「試合としては今年に入って一番よかった」。主将のMF金民友(キム・ミヌ)の言葉に集約される一戦だった。鳥栖は終了間際の失点に沈んだものの、DFラインを高く保ち、前線から激しくボールを奪う守備は川崎を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)