雪解けが始まった小樽市内の山中で、国の天然記念物のクマゲラが繁殖時期を迎え、懸命に木に巣穴を掘っている姿が見られている。巣穴は楕円(だえん)形、クマゲラが巣穴の中に頭を入れて数回くちばしでつつき、木...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)