ホームのゼロ更新はまたしても止めることはできなかった。首位のC大阪をアイスタに迎え、清水は切り札の村田を今季初先発させるなど、攻めの姿勢を前面に押し出した。序盤から村田の右サイドを効果的に使い、試合...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)