これが小関也朱篤(ミキハウス・羽黒高出)の真価だ。途中まで世界記録を上回る圧巻のペースを刻み、力を存分に見せつけ、ついに五輪切符をつかんだ。「ほっとしている」。苦しみ、もがいてきた24歳はようやく笑...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)