競泳のリオデジャネイロ五輪代表選考を兼ねた日本選手権第5日は8日、東京辰巳国際水泳場であった。男子200メートル平泳ぎ決勝で鶴城高出身の渡辺一平(19)=早稲田大2年=が派遣標準記録を上回る2分9秒...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)