女子シングルス決勝は、雲雀丘高の伊藤が粘りの試合運びで頂点に。「相手のカウンターに手を焼いたが、目標の優勝を勝ち取れ、大きな自信になった」と声を弾ませた。  先制し、追いつかれて臨んだ最終セット。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)