大阪の春の風物詩「桜の通り抜け」が8日、大阪市北区の造幣局で始まった。今年で130回目。133品種349本の桜が、南門から北門までの約560メートルに並ぶ。造幣局によると、全体的にはまだ三分咲きで、1...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)