「春の嵐」に耐え、遅咲きの花が咲いた。「プロで初めての優勝。すごくうれしい」。36歳でつかんだ悲願に、安山の表情が緩んだ。  唯一のアンダーパーで前半を折り返したが、後半に苦境が待っていた。アウト...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)