時間の経過とともに雨脚が強まるアウェーの地でも仙台イレブンの集中力は途切れなかった。リーグ戦も含めてJ1公式戦初出場だったGK石川慧ら守備陣が最少失点でしのぐと、後半41分に金眠泰が値千金の同点弾を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)