不規則に浮かび上がる「白」に、すべての光を吸収しているかのような「黒」。高度600メートルの上空から、網走市、小清水町の境に横たわる濤沸湖を見下ろす。冬の名残のぶ厚い氷と、川から注ぐ流水が、その日の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)