九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の周辺住民らが再稼働差し止めを求めた仮処分申し立ての即時抗告審で、福岡高裁宮崎支部は6日、「原発の新基準適合の判断は妥当」として住民側の抗告を棄却し、昨...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)