国の原子力規制委員会は5日、愛媛県伊方町の四国電力伊方原発3号機で、再稼働に向けた最終手続きとなる使用前検査を始めた。四電が新規制基準に基づき設置した安全対策設備などを規制委事務局の原子力規制庁の検...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)