東北楽天が15-4で大勝した2日の西武戦(コボスタ宮城)。現役時代は名捕手で鳴らした梨田昌孝監督らしい試合巧者ぶりを印象づける戦術が見られた。一気に4点を奪い逆転した流れで迎えた三回2死一、三塁から...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)