「まさか自分が優勝できるなんて夢にも思わなかった」。混戦となったフルマラソン男子を制したのは、粘りの走りが光った豊永哲央(山口・長府製作所)。自己ベストを4秒上回る2時間24分20秒でゴールに駆け込...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)