東北楽天は終盤に競り負け、連勝が3で止まった。2-2の九回、3番手福山博之が鬼崎裕司に左前適時打を許し、決勝点を奪われた。打線は三回、銀次、ウィーラーの連続適時打で2点を先取したが、その後は無得点に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)