八回裏と九回表の攻防が明暗を分けた。前日4打点で主役となった今江敏晃が勝ち越し機で一打を欠き、中継ぎの柱・福山博之は窮地をしのげなかった。東北楽天は今季初の同一カード3連勝を逃した。  2-2の八回...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)