キングスは高松を13点差で下し、12連勝で首位をキープした。  第1Qの立ち上がりを攻められ、劣勢に回った。だが、岸本隆一のシュートやイバン・ラベネルとのコンビプレーで得点を重ね、山内盛久がボール...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)