佳境を迎えた五輪代表レース。日本男子の井上康生監督が「異常なプレッシャーの中での戦い」と表現した大一番を前にしても、原沢は泰然としていた。「どちらかというとワクワクしている」。強がりなのか、芯からず...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)