高砂酒造(旭川)は4月1日、美瑛町内新星1の丘陵地の雪中のタンクで約100日間貯蔵した日本酒の取り出し作業を行った。同社によると、雪中は常に氷点下1度程度に保たれるため熟成の速度が一定になり、まろや...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)