全国大会常連の名門、札幌山の手高・女子バスケットボール部の寮が31日、入寮者の減少と老朽化のため閉寮になった。五輪の日本代表候補の選手たちもここで仲間と寝食を共にし、厳しい練習を乗り越えてきた。11...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)