山形が生んだ強打者、栗原健太内野手(34)が16年プレーした広島を退団し、東北楽天に今季加わった。広島では主軸として活躍したが、ここ4季は右肘のけがなどで不振を極めた。古里・東北の地で、かつての輝き...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)