昨季、チームは藤川球児フィーバーに沸いた。全国の野球ファン、各マスコミから注目を浴び、選手たちも「球児さんと野球ができた」と喜んだ。  確かに、彼のプロ意識や考え方は財産になったに違いない。だが、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)