自身の投球で開幕した春の甲子園大会を、自身のバットで終わらせる-。“聖地”で投打に躍動した村上頌樹選手の持つ抜群の勝負強さは、兵庫県の賀集少年野球クラブ時代から際立っていた。  賀集小学校4年生に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)