韓国人プロ囲碁棋士、イ・セドル九段は8日、米グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャーの囲碁ソフト「アルファ碁」との対局を前にソウルで記者会見し「アルファ碁は進化を続けているようだ。緊張する」と述べ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)