北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は7日、米韓合同軍事演習に対抗し「総攻勢に入る」とした国防委員会の声明を1面に掲載、論説で「敵はわれわれの核攻撃手段などにより滅亡の苦汁をなめることになる」と主張し、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)