好天の日、オホーツク上空を飛んだ。海の流氷は遥か沖に去り、知床に着々と「春」が近づいている。国後島の爺爺(ちゃちゃ)岳などがくっきりと望めた連山の尾根はまだ真っ白に覆われているが、半島の先端は雪がほ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)