同点の緊迫した試合展開が一変、六回以降に投手陣が崩れ、終わってみれば10点差の大敗。前戦に続き同点の状況から大量失点し、梨田昌孝監督は「またビッグイニングになってしまった。守っている時間が長くなる良...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)