国が長年続けたハンセン病の強制隔離政策で、患者本人だけでなく、家族も深刻な偏見や差別を受けたとして、元患者の家族509人が29日、国に謝罪と損害賠償を求めて新たに熊本地裁に提訴した。2月に提訴した第1...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)