大宮は甲府の組織だった守備に苦労。前半はロングボール主体となってシュート2本と振るわなかった。後半はサイドで起点をつくって突破を図ったものの、中央でしっかりはじき返された。横谷、マテウス、ペチュニク...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)