緊迫の投手戦を経て、九回裏にはもう一歩で東北楽天がサヨナラ勝ちしかけた試合。だが延長十回に救援陣が崩れて瞬く間の7失点で大敗へと変わった。梨田昌孝監督は「あってはならない負け方」と嘆いた。  0-0...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)